RSS2.0

楽 々ブログ Google攻略   自 立ライフ PCあれこれ 飯寿司

パソコンあれこれ
当サイトのコンテンツはBlogger,Live Writer,Picasa2で楽々ブログ作成法、Googleのサービス使いこなしガイド、自立生活への道、パソコン一般の技術情報、鮭の飯寿司の作り方ブログ編などです。
その他
●NHKテレビ「ためしてガッテン」で話題の「酒粕甘酒の作り方
●3D作成フリーソフ ト「Google Sketch Upの使い方
● 「北海道の回転寿司」 チェーン店をGoogleマップ付で紹介
これらは全てBloggerを使用して作成しております。


鮭を切り身にするには

2007/12/29

YouTubeのビデオに「How to slice Salmon Fillet」と言うのがあったので紹介します。



こちらは「how to fillet salmon」と言うタイトルです。

4リットルの容器で飯寿司を作る

2007/12/28

今回はいつもの半分程度の容器を使って作って見ることにしました。これだと冷蔵庫の中でも作る事が出来ます。
※2007/11/27作業開始
(1)材料一覧
・新巻鮭の切り身…10枚
・大根…中1本
・人参…大1本
・ショウガ…3個
・キャベツ…中1個の半分
・ご飯…茶碗2杯半
・こうじ…1袋の半分位
それに味付け酒と塩少々

(2)野菜・ご飯・甘こうじ



(3)包丁砥ぎ



(4)人参のカット
今回は大きいニンジンなので先ず全体を5等分、その後下図のような形にしてカット。

 

包丁の刃全体を使うようにして切る。



カット後ニンジンが1箇所に集まるようにするのと薄く切るため包丁を少し傾けて切るのがコツとのこと。



位置を変えて写すと



(5)鮭のカット
赤味の鮭は紅鮭(アラスカ産の天然もの、2切れで498円もしたが味はどうか?)、その他は北海道で獲れた鮭。



(6)準備完了


(7)漬け込み開始
野菜を適当に敷き、その上から塩をパラパラと振り掛け、麹入りご飯(酒でかき混ぜた物)を入れたところ。



そこに鮭を入れ、これらを繰り返すと次の様になります。



全部入れたら容器からはみ出しているが押し付けると容器内に納まりました。



(8)1日経ったところ。
重石は2.5+1.5+1.5=5.5Kg
この容器についていたのは2.5Kgだがこれでは不足。追加重石はダンベルでも良い。 (結局ダンベルに変更しました。2.5Kg+5.0Kg=7.5Kg)



室温は9.5度(北側の物置代わりの部屋、11/28 AM10:00)

 

※参考
 
MSC(海洋管理協議会)の認証を取得した海産物のしるし。
MSC日本のホームページはこちらです。
現在、イオン、西友、COOPなどで取り扱っている程度でした。 

(9)風呂場で約1日水出し

image  

(10)完成品(2007/12/28)

image

image

ちょっと味見をして見ましたが、いつもの通りになっていました。アラスカ産の紅鮭と北海道産の鮭との違いがどうでるかな。それは食べてからのお話。