RSS2.0

楽 々ブログ Google攻略   自 立ライフ PCあれこれ 飯寿司

パソコンあれこれ
当サイトのコンテンツはBlogger,Live Writer,Picasa2で楽々ブログ作成法、Googleのサービス使いこなしガイド、自立生活への道、パソコン一般の技術情報、鮭の飯寿司の作り方ブログ編などです。
その他
●NHKテレビ「ためしてガッテン」で話題の「酒粕甘酒の作り方
●3D作成フリーソフ ト「Google Sketch Upの使い方
● 「北海道の回転寿司」 チェーン店をGoogleマップ付で紹介
これらは全てBloggerを使用して作成しております。


2008年の飯寿司

2008/11/26

今年も分割方式で飯寿司を作る事にしました。
材料 (第一次仕込み分)
・大根 半分 900g 80円
・人参 1本 300g 50円
・キャベツ 半分2個 1.6kg 160円 (中を確認出来るのでカット品を買った)
・昔の大地 生姜 4個 300g 300円
・岩塩 適宜
※材料は札幌アークス24条店で購入
image 
今回初めて使った鹿児島県徳之島産の生姜
柔らかくマイルドな味
結果はいかに!


この中で人参は少し多かったので1本に変更
 image
切り方は忘れているので自分のブログを参考にした。
大根の切り方
image  image  
生姜の切り方
image  image  先ずこの状態で2~3日放置しておき、水が出たらいよいよ仕込み開始
image
2008/11/25 AM5:30開始、7:30終了
まる3日放置したが、それほど撓っていなかった。カットの大き過ぎが原因か?

2008/11/28 AM5:30 第二次仕込み開始
冷凍庫に保存してあった新巻鮭
上二つはロシア産の氷室熟成紅鮭(イトーヨーカドー新川店 半身780円)
下のは羅臼産の新巻鮭(アークス24条店 半身580円)
image 
紅鮭ラベル 包丁研ぎ
image  image
一匹目のカット開始
image
カット済みの紅鮭         茶碗にたっぷり3杯のご飯と甘こうじ1袋200g
image  image
一層目の野菜                                             二層目のご飯と麹 
 image image
三層目の鮭(ここで鮭にパラパラと塩をかけた)      四層目の野菜
image  image
4Lの容器完了
image
羅臼産鮭のカット開始
image 
完了(容量不明)              ダンベルの固定
image  image
※備忘録
・重し:左3.0kg+1.5kg=4.5kg、右5.0kg+2.5kg+1.5kg=9.0kg
・今回のは鮭とキャベツがいつもより多い
・紅鮭は身が柔らかいので切り難くかった
・室温9.5度
※関連ページ
鮭のあらを圧力鍋で煮て骨まで食べる
※計量器
今風に言うとキッチンスケールと言う名のようですが、我が家の場合は最大で500gなので、オーバーすることが度々。最低でも1kgは欲しいところです。そこでAmazon.co.jpで調べて見たら、1,000円ちょっと出せば買えます。不便なことは分かっていても、未だ使えるのでなかなか捨てられません。

・Amazonのキッチンスケール